原田歯科クリニックのホワイトニング実績と患者様の声

オールセラミックスクラウン

オールセラミックスクラウン

咬み合わせ面も丈夫なジルコニアを使ったオールセラミックスクラウン

オールセラミックスクラウンは自然な透明感があり、審美性に優れている為、前歯に白くキレイな歯を入れる際にはイチ押しなのですが、 従来のものは適合が甘い、ブリッジには作れない、欠けてくるなどの短所がありました。

セラミックス製のナイフや包丁にも使われているジルコニアを使ったオールセラミックスクラウンの登場により、 適合性、つまり歯とぴったり合うかという点はかなり改善されましたが、ジルコニアの上には技工士さんが手作業でポーセレンを盛るため、ブリッジに使うのは不可ですし、硬くてもろいという点は改善されてなかった為 せっかく美しい材料なのに使えるケースが限られていました。

しかし技術の進歩により、咬み合わせ面も丈夫なジルコニアを使ったオールセラミックスクラウンが普及してきて こわれやすいという点はほぼ改善されたと言ってよいでしょう。

作製方法の改良により、ブリッジでの使用も可能になりました。

オールセラミックス・クラウンは CAD/CAMというコンピューターを使った技術で作成します。
従って以前のような技工士さんの芸術的センスによる 作業が減ったため、奥歯に使うのにはとてもよいのですが、審美性という点では少し難があります。

従って、特に強く噛み締める習癖がなく、見た目を再重視する前歯に1本ずつ白い歯を入れる場合には、従来のプロセラジルコニアやセルコンを使い、多少見た目は我々プロが見たら少し不自然でも 丈夫さ重視な場合には、オールセラミックスクラウンを使っております。

オールセラミックスクラウンの利点

生体親和性が高い

オールセラミックスクラウンの素材はジルコニア。 ジルコニアの生体親和性が高いことはよく知られています。

強度が高い

ジルコニアの曲げ強度は約1200MPa、ビッカース硬度は最高1300HV10です。ブラキサーはもはや禁忌ではありません!

安価で安定した製作費

材料コストは歯科貴金属による自費FCKと同等もしくはそれ以下です。
また、自費FCKであれば貴金属市場により材料費が上下しますが、オールセラミックスクラウンの素材はジルコニアであるため、その心配がほとんどありません。

ページの上へ